参照機能を使ったアクション間の連携(参照設定)

シナリオに配置したアクション同士を連携するには、アクションプロパティから参照設定をしていきます。
※シナリオに配置したモジュールも同じ方法で連携できます。

前提条件

参照設定をする場合、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 参照先のアクションが、参照するアクションよりも前に配置されていること
  • 参照するアクションで使用するデータの型と、参照先の戻り値の型が一致していること

参照手順

以下のシナリオを例に参照手順を説明します。
ここでは、URLから取得したテキストをスプレッドシートに貼り付ける[セルをペースト]アクションのプロパティについて参照設定していきます。

  1. 取得したテキストをペーストする対象シートを参照設定します。
    [対象シート]の参照アイコン(①)をクリックすると、配置したアクションの中からCoopelが自動的に型を判定し、一致する型の[シートをシートIDで指定]アクション(②)をハイライト表示します。
    それ以外の型が一致しないアクションはグレーアウトされて選択できない状態になります。
Information 以下の①のように参照アイコンをクリックしたときに、参照できるアクションがない場合は、「参照できるアクションがありません」(②)というメッセージが表示されます。
2. [シートをシートIDで指定]アクション(①)をクリックします。 [対象シート]に[シートをシートIDで指定](②)が参照設定されます。
  1. ペーストしたい入力値(テキスト)を参照設定します。
    [入力値]の参照アイコン(①)をクリックします。

    ①と型が一致する[画面から情報を取得]アクション(②)がハイライト表示されます。

  2. [画面から情報を取得]アクション(①)をクリックします。
    [入力値]に[画面から情報を取得](②)が参照設定されます。

Important 以下のように①[ペースト対象のセル]と、②[画面から情報を取得]アクションは型が一致するため連携できますが、①には「A1」などセル番号の入力が必要です。
そのため、②の戻り値が「A1」などセル番号とみなされない文字列になっていると、次の画面のように実行結果でエラーになります。

関連ヘルプ