Coopelの戻り型一覧

戻り型の種類は以下のとおりです。

戻り型 戻り値
(List) リスト形式のデータ
(List)型を参照設定する際は、(Text)型も参照可能です。
その場合、Text型の戻り値をList型データとして扱います。
(File) PDF、Wordなどのファイル
(File)型を参照設定する際は、(Dictionary)型も参照可能です。
その場合、Dictionary型の戻り値のうち、先頭の値のみをFile型データとして扱います。
(Image) キャプチャした画像データ
(Anything) すべてのデータ
どのアクションからも参照可能です。
(Browser) Webページのアドレス
(Worksheet) Excelファイル内の特定の1シート
(WorksheetList) Excelファイルのシートをリスト形式にしたデータ
(Workbook) Excelファイル
(Spreadsheets) スプレッドシート
(Spreadsheet) スプレッドシート内の特定の1シート
(SpreadsheetList) スプレッドシートのシートをリスト形式にしたデータ
(GmailMessage) Gmailの送信結果 ※1
(DateTime) 日付/時間
(Text) 文字列
(Text)型を参照設定する際は、(List)型も参照可能です。
その場合、List型の戻り値のうち、先頭の値のみをText型データとして扱います。
(Dictionary) ディクショナリ-形式のデータ
(Void) 戻り値はない ※2
(Control) 繰り返し処理した結果のデータ
繰り返し処理の内容によって戻り値のデータ形式は異なります。

※1 ほかのアクションから参照できません。

※2 のアクション([セルをペースト]など)は、戻り値がないため、ほかのアクションから参照できません。

関連ヘルプ