マスターパスワードを管理する

Coopelではログインパスワードとは別に、マスターパスワードというパスワードを使用しています。
マスターパスワードは新規アカウント作成時に設定を求められます(設定後、変更も可能です)。

ここでは、マスターパスワードについての説明や設定方法を説明します。

マスターパスワードとは

マスターパスワードはユーザーのローカルPCに重要な情報を転送するために必要なものです。

たとえば、Coopelではクラウドサービス(GmailやOneDrive、Slackなど)にアクセスするためのシナリオアカウントを非常に重要な情報として扱っています。

通常シナリオアカウント情報はCoopelのクラウド環境に暗号化して保管していますが、ローカル実行する際は、Coopelのクラウド環境では復号せず暗号化した状態のままローカルPCに転送して、ローカルPC上で復号するようにしています。

このローカルPC上で複合するときに使用するパスワードがマスターパスワードになります。

Coopelでは以下のような操作をするときにも、マスターパスワードが必要になります。

  • シナリオアカウント設定画面を表示するとき
  • シナリオアカウントを登録するとき
  • Coopel Selector Helperを起動するとき
  • シナリオの実行履歴を表示するとき
Information ログインパスワードとマスターパスワードは、異なる文字列にすることをお勧めします。

マスターパスワードの有効期間を変更する

マスターパスワードの有効期間は「30日間」、「60日間」、「90日間」、「180日間」、「無期限」のいずれかに設定できます。デフォルトは「30日間」です。

Important
  • ローカル実行にはマスターパスワードが必要です。特にローカル実行の実行予約をしている場合は、以下についてご注意ください。

    • マスターパスワードの有効期間が切れるとシナリオの実行に失敗します。
    • マスターパスワードの有効期限を[無期限]に設定していても、ログアウトしたりCoopeデスクトップアプリケーションを再起動しマスターパスワードの入力を行わないままだと、シナリオの実行に失敗します。

  • ローカル実行による実行予約をしている場合は、マスターパスワードの有効期限の7日前、3日前、前日、および期限が切れた翌日にお知らせのメールが届きます。
  1. ユーザーアカウント画面を表示します。

  2. [アカウント管理]の[マスターパスワード]の右側にある[期間を変更]をクリックします。

    マスターパスワード画面が表示された場合は、マスターパスワード(①)を入力して[送信](②)をクリックします。
  3. プルダウンメニューから期間(①)を選択して[変更](②)をクリックします。

  4. 表示される画面に従ってログインパスワードを入力、またはGoogleアカウントで再認証をします。

    ■メールアドレスとログインパスワードでCoopelにログインしている場合
    ログインパスワード(①)を入力して[送信](②)をクリックしてください。

    ■GoogleアカウントでCoopelにログインしている場合
    [再認証する]をクリックし、表示される画面に従って再認証を完了してください。

マスターパスワードの有効期間をリフレッシュする

マスターパスワードの有効期間をリフレッシュすると、設定した有効期間をリセットすることができます。

たとえば、有効期間を30日間に設定し10日経過したところでリフレッシュすると、リフレッシュした日から30日間有効期間が延長されます。

  1. ユーザーアカウント画面を表示します。

  2. [アカウント管理]の[マスターパスワード]の右側にある[リフレッシュ]をクリックします。

  3. マスターパスワード(①)を入力して[送信](②)をクリックします。

    マスターパスワードの有効期間がリセットされます。

マスターパスワードを設定する

マスターパスワードが設定されていない場合は、[リフレッシュ]から入力して設定することができます。

  1. ユーザーアカウント画面を表示します。

  2. [アカウント管理]の[マスターパスワード]の右側にある[リフレッシュ]をクリックします。

  3. マスターパスワード(①)を入力して[送信](②)をクリックします。

    マスターパスワードが入力されます。

マスターパスワードを変更する

  1. ユーザーアカウント画面を表示します。

  2. [アカウント管理]の[マスターパスワード]の右下にある[マスターパスワード変更]をクリックします。

  3. 表示される画面に従ってマスターパスワードを変更します。

    ■メールアドレスとログインパスワードでCoopelにログインしている場合
    [新しいマスターパスワード]、[新しいマスターパスワード(再入力)](①)を入力して[変更](②)をクリックします。

    ログインパスワード(①)を入力して[送信](②)をクリックしてください。 ■GoogleアカウントでCoopelにログインしている場合
    [再認証する]をクリックし、表示される画面に従って再認証します。 [新しいマスターパスワード]、[新しいマスターパスワード(再入力)](①)を入力して[変更](②)をクリックしてください。 マスターパスワード変更完了のメールが届きます。

関連ヘルプ