リストタイプのアクション結果参照

アクションの場所: 様々なアクションのパラメータで利用できる機能になります。

リストを指定するパラメータに、その前に実行されるリストタイプアクションの実行結果を設定することができます。

リストタイプの結果参照_スクリーンショット

設定方法

①、② (任意):戻り型が List、Text、Anything の結果を参照することができます。
③ 選択可能な戻り型のアクションのみハイライト表示されます。

Tips - 戻り型について詳しくは、「Coopelの戻り型とは」を参照してください。

④ 選択すると、パラメータの欄に参照する「アクション名」が表示されます。

Tips リストタイプについては形式に注意してください。受け取ったリストを確認するには、「各要素について繰り返す」アクションの実行結果の「受け取るリスト」パラメータを確認すると便利です。
配列   [1,2,3,4,5,6] -> 1,2,3,4,5,6 と6回繰り返します。
二重配列 [[1,2,3],[4,5,6]] -> [1,2,3],[4,5,6] と2回繰り返します。
二重配列 [[1,2,3,4,5,6]]  -> [1,2,3,4,5,6] と1回繰り返します。
二重配列 [[1]]->[1] と1回繰り返します。1を取り出すには、さらに[1]から要素を取得します。
注意事項 下記のアクション結果はいずれも二重配列のリストになります。
・excel-> 値の取得-> セルをコピー
・excel-> 値の取得-> 列値を指定して行データを取得
・spreadsheet-> 値の取得-> セルをコピー
・spreadsheet-> 値の取得-> 列値を指定して行データを取得

リストから要素を取得3_スクリーンショット

Tips 上記のファイルを読み込み、リストから要素を取得(列または行番号は0)した場合、それぞれ上から順に
[1,2,3]
[1,2,3,4,5,6]
[1]
となります。