ファイルタイプのアクション結果参照

アクションの場所: 様々なアクションのパラメータで利用できる機能になります。

ファイルタイプのアクション結果参照は、ファイル名を指定するパラメータにその前に実行されるアクションの実行結果を設定することができます。

ファイルタイプの結果参照_スクリーンショット

設定方法

①、② (任意):戻り型が File、Dictionary、Text、Anything の結果を参照することができます。
③ 選択可能な戻り型のアクションのみハイライト表示されます。

Tips - 戻り型について詳しくは、「Coopelの戻り型とは」を参照してください。
④ 選択すると、パラメータの欄に参照する「アクション名」が表示されます。