リストから要素を取得

アクションの場所:Uitility > データ > リストから要素を取得

入力されたデータから指定した要素を取得します。入力データが複数行の場合は指定された行のデータ全体を取得します。入力データが1行だけの場合は指定された番号の列の値のみを返します。

設定方法(簡単)

商用化_リストから要素を取得_スクリーンキャプチャ
①「Utility/データ」カテゴリにある「リストから要素を取得」アクションをクリックします。
② 入力データ 参照:リストタイプのアクション結果を参照し、入力するデータに設定します。

設定方法(便利)

③ 値を選択(任意):操作対象の値を選択することができます。詳しくは、「値を選択」を参照してください。
④ 戻り値にラベルを付ける(任意):アクションが返す値の各要素に任意のラベル(名称)を付けることが出来ます。後続アクションからの参照時にこのラベルを指定してデータを操作することが出来ます。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。
エラーを無視

関連アクション

入力データに設定できるリストタイプの戻り値を持つアクションは下記になります。

関連ヘルプ