Enterキーなどを送信

アクションの場所:基本操作 > ブラウザ > Enterキーなどを送信

指定されたブラウザの画面に対してEnterなどのキーを送信することが出来ます

設定方法(簡単)

商用化_Enterキーなどを送信(新)_スクリーンキャプチャ
①「基本操作/ブラウザ」カテゴリにある「Enterキーなどを送信」アクションをクリックします。
② ブラウザ:URLにアクセスの表示名や別のURLに移動で設定したURLを選択します。
③ 送信キー:送信するキーを選びます。
esc : esc キーを送信します。
enter: enter キーを送信します。
tab : tab キーを送信します。
↑ : ↑ を送信します。
↓ : ↓ を送信します。
⑤ 要素:Enterキーなどを送信する場所を指定します。

設定方法(便利)

④、⑥、⑦、⑧ :⑤を使ってキーを送信する場所を指定すると、候補が複数表示されます。Coopelは上から順に候補を検索します。使わない候補はオフにすることでパフォーマンスが向上するケースがあります。
⑨:⑤で指定した要素のイメージがプレビューとして表示されます。

Tips ④、⑥、⑦、⑧の要素が動的に変わるサイトの場合に画像認識をオンにすると認識できる場合があります。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。
フレームを指定
エラーを無視
実行結果画面のキャプチャー種類
要素検索のタイムアウト

関連アクション