URLにアクセス

アクションの場所:基本操作 > ブラウザ > URLにアクセス

「URLにアクセス」は指定したURLにアクセスするアクションです。新規にブラウザを立ち上げるため、セッション情報など一切ない状態でアクセスが開始されます。

設定方法(簡単)

ID38
① 「基本操作/ブラウザ」カテゴリにある「URLにアクセス」アクションをクリックします。
② URL:開きたいURLを入力します。

設定方法(便利)

③ URL 参照設定(任意):テキストタイプのアクション結果を参照し、URLに設定します。

Tips 前のアクションでURLを取得したり、作成したりした場合に、その結果を参照して設定することができます。

④ 要素選択を開始(任意):②で指定したURLのページを別画面(④-a)で開き、ブラウザでの一連の操作を実際に行って、それぞれを連続したアクションとして設定できます。

CN15 url-access-action-description-4

この機能を使うと、アクション一覧から一つずつ配置する必要がないため、簡単にシナリオを作成できます。

CN15 url-access-action-description-3

Tips - 別画面内(④-a)の各アクションの横にあるicon-action-menuをクリックすると、ヘルプからアクションの機能を確認できたり、[使用する]をクリックしてアクションを配置できたりします。 CN15 action-help-of-extension-window - 「クリック」「プルダウンメニューを選択」のアクションを選択するとアクション名設定画面内に、「ダウンロードファイルを取得」のオプションが表示されます。リンク先のファイルをダウンロードしたい場合はONにしてください。 CN15 get download file option - 下記のアクションを選択すると、選択したアクションの動作が別画面上で実際に行われます。たとえば、リンクに対して[クリック]を選択すると、実際のクリックと同じように、リンク先のページに移動します。

・クリック
・画面に情報を入力
・プルダウンメニューを選択
・ID入力
・パスワード入力
・ワンタイムパスワードを入力
・ファイルをアップロード
・Enterキーなどを送信
・マウスオーバー

⑤ 表示名(任意):後続のアクションで、操作する対象のブラウザを指定する際の名前になります。分かり易い名前をつけると便利です。名称を入力しない場合は、②で入力したURLが表示されるようになります。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。
⑥非SSLか自己証明書サイトにアクセス:SSL未対応のサイトや、SSL証明書が自己署名のサイトにアクセスする場合「はい」を選択してください。
⑦⑧ Basics認証
⑨user agent:任意のuser agentを指定することができます。
⑩user agent 参照設定:テキストタイプのアクション結果を参照し、user agentに設定します。
⑪windowサイズ:ブラウザのwindowサイズを選択することができます。

Tips window size 選択式で起動するブラウザのサイズを変更出来ます。
スマートフォン: "375,812"(5.8インチ相当)
小: "970,510"
中: "1366,1024"(12.9インチ相当 ※coopelのDefaultサイズ)
大: "1600,1200"(UXGAサイズ)

実行結果画面のキャプチャー種類
エラーを無視

関連ヘルプ