Coopel Selector Helperを[要素選択を開始]から使う

[URLにアクセス]アクションや[別のURLに移動]アクションが配置されているシナリオの場合、アクションの途中からCoopel Selector Helperを使ってアクションを追加できます。

  1. アクションを挿入したい位置にカーソルを合わせて[要素選択を開始]をクリックします。

  2. 表示されたリストから要素を選択したいブラウザ([URLにアクセス]アクションにて起動されます)を選択して[要素選択を開始]をクリックします。
    選択したブラウザが別画面に表示されます。

  3. 表示されたページが目的のページではない場合、以下の手順で目的のページまで移動します。

    1. [ブラウザを操作]のスイッチをオンにして、「ブラウザ操作」モードに切り替えます。
      アクションは記録されずにWebページを操作できるようになります。

    2. Webページを操作して目的のページを表示したら[ブラウザを操作]のスイッチをオフにして、「要素選択」モードに切り替えます。

  4. アクションを記録したい要素にカーソルを合わせ、青色にハイライトされたらクリックします。

  5. 設定できるアクションの一覧が表示されたら、アクションを選択します。

  6. アクション名(①)を設定して[決定](②)をクリックします。
    設定したアクションがシナリオに追加されます。

  7. 手順4~6を繰り返して、シナリオに必要な操作を設定します。

  8. 必要な操作の設定が終了したら、[開発画面に戻る]をクリックします。

  9. 追加した操作がアクションとしてシナリオに配置されます。

関連ヘルプ