csv形式でファイルを保存する

アクションの場所:excel > ファイル操作 > csv形式でファイルを保存する

ワークブックをcsv形式で保存します。

Tips 既存のファイルに対して実行する場合は「上書き保存」、シナリオの中で新規作成したファイルに対して実行する場合は「名前を付けて保存」を行います。

設定方法(簡単)

★★(excel)csv形式でファイルを保存する (1)
①「excel/ファイル操作」カテゴリにある「csv形式でファイルを保存する」アクションをクリックします。
② 対象シート 参照設定:ワークシートタイプのアクション結果を参照し、設定します。

Tips シナリオ内のこのアクションより前の部分で、excelファイルのシートを開いている必要があります。

③ ファイル名(任意):名前をつけて保存する場合に指定します。

Tips ファイル名を絶対パスで指定します。

設定方法(便利)

④ ファイル名 参照設定(任意):テキストタイプのアクション結果を参照し、設定します。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。
⑤ 保存する文字コードを選択します。
「csv形式でファイルを保存する」アクションはデフォルトで、文字コードを「shift-jis」で保存しますので、作成したファイルをExcel等で開く際には、文字コードに注意してください。

Important 必要に応じて、保存する文字コードを適切に設定してください。

エラーを無視

関連アクション

対象シートに設定できるワークシートタイプの戻り値をもつアクションは下記になります。

シナリオ