ファイルを開く

アクションの場所:excel > 操作対象の選択 > ファイルを開く

既存のexcelファイルを開きます。

設定方法(簡単)

①「excel/操作対象の選択」カテゴリにある「ファイルを開く」アクションをクリックします。
② 対象ファイル:操作対象のファイルを指定します。テキストとしてファイル名を指定する場合、絶対パスの必要があります。File型を返すアクションを参照することでも開く対象を指定することができます。

Tips

設定方法(便利)

③-a 対象ファイル 参照設定:他のアクションの出力を対象ファイルに指定することができます。参照するアクションのタイプは④で切り替えられます。
③-b 参照先がローカルPC上にある:③-aの参照機能で対象を指定した場合に表示されます。指定した対象がローカルPC上にあれば「はい」を選択してください。「いいえ」の場合、指定された対象がローカルPC上にあった場合処理に失敗します。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。
⑤ 読み取りパスワード:excelの読み取りパスワードを指定します。
⑥ 書き込みパスワード:excelの書き込みパスワードを指定します。

Tips 「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」を指定する場合は、事前にシナリオアカウント設定画面の「任意のシークレット値」でパスワードを登録しておく必要があります。

エラーを無視

関連ヘルプ