条件分岐2

アクションの場所:基本操作 > 制御処理 > 条件分岐2

条件分岐を行います。条件分岐とは「もし〇〇が△△だったらXXする」のように、一定の条件を満たした時に何かをしたい場合その条件を指定する処理のことです。
条件分岐2は「もし〇〇が△△だったらXXする、そうでなかったら♢♢する」というように、条件を満たさなかった場合に何をするかも指定することが出来ます。

設定方法(簡単)

商用化_条件分岐2(新)_スクリーンキャプチャ
①「基本操作/制御処理」カテゴリにある「条件分岐2」アクションをクリックします。
②③AとBに比較したいものを入力します。
AとBには参照設定(任意):テキストタイプのアクション結果を参照し、入力することもできます。
商用化_条件分岐2の2(新)_スクリーンキャプチャ

④行いたい比較内容を選びます。
AとBが等しい場合
AとBが等しくない場合
AがB以下の場合
AがB以上の場合
AがB未満の場合
AがBより大きい場合
AがBを含む場合
AがBを含まない場合

選んだ上記の条件に一致した場合、アクションBOXの枠内の「もしXXなら」に配置される別のアクションを実行します。一致しない場合は、アクションBOXの枠内の「でなければ」に配置される別のアクションを実行します。

関連アクション