レッスン5:複数企業の株価を取得してメールを送信しよう

事前準備

Coopelデスクトップアプリケーションの起動

このレッスンでは、「Coopelデスクトップアプリケーション」を起動しておく必要があります。
レッスン4の「Coopelデスクトップアプリケーションの起動」を参照して起動しているか確認してください。

繰り返し処理用アクション

Coopelでは、一般的なプログラミングでも使う繰り返し処理と同様のアクションを2種類用意しています。

①「各要素について繰り返す」アクション
 指定したリストの内容(各要素)を順番に取り出し、アクション内に配置した別のアクションを繰り返し実行します。要素を全て取り出したら繰り返しは終了します。

②「指定回数分繰り返す」アクション
 指定された回数分だけ、アクション内に配置した別のアクションを繰り返し実行します。指定された回数を過ぎると繰り返しは終了します。

このレッスンではレッスン4のExcelを使って、以下の内容のシナリオを作成します。
「B列にある企業名をみんかぶで検索して、株価を取得しGmailで送信する」
Excelの項目数分、実行を繰り返したら終了させたいため、レッスン4のシナリオに①の「各要素について繰り返す」アクションを配置します。

[セルをコピー]アクションの選択範囲を変更する

このレッスンでは、ExcelのB列(企業名)を上から順に読み込みたいため、[セルをコピー]アクションで複数セルを読み込むように設定します。

  1. ステップ
    1

    [セルをコピー]アクションをクリックします。

  2. ステップ
    2

    [コピー対象のセル]を「B2:B5」に変更します。

[各要素について繰り返す]アクションを配置する

[各要素について繰り返す]アクションをシナリオに配置します。
このアクションの中に繰り返したいアクションを移動させます。

  1. ステップ
    3

    アクションリストの検索ボックスに「各要素」と入力してアクションを検索します。

  2. ステップ
    4

    表示された[各要素について繰り返す]アクションをクリックしてシナリオに配置します。

[各要素について繰り返す]の中に繰り返す操作のアクションを移動する

このレッスンで繰り返したい操作の内容は、「みんかぶにアクセス ⇒ 企業の株価を取得 ⇒ 文字列を生成 ⇒ Gmailで送信する」です。

[画面に情報を入力]~[gmailからメールを送信]アクションの5つ(①)を[各要素について繰り返す]アクション(②)の下に移動しましょう。

  1. ステップ
    5

    [画面に情報を入力]~[gmailからメールを送信]アクションまでを[各要素について繰り返す]アクションの下に1つずつドラッグして移動させます。

    アクションの移動後は以下のようになります。

[各要素について繰り返す]アクションと移動したアクションを設定する

[各要素について繰り返す]アクションにExcelのB列にある企業名を設定し、取得した企業名の数だけ処理を繰り返すように各アクションを設定していきましょう。
繰り返し処理の流れについて詳しくは、「設定方法(もっと詳しく)」を参照してください。

[各要素について繰り返す]アクションにExcelの内容を設定する

  1. ステップ
    6

    [各要素について繰り返す]アクションを選択します。

  2. ステップ
    7

    [受け取るリスト]で参照アイコン(①)をクリックし、ハイライト表示された[セルをコピー]アクション(②)をクリックします。

    [受け取るリスト]にが設定されて、取得したセルの値(企業名)が繰り返し処理をするときに順番に読み込まれるようになります。

    次のステップからは、この[各要素について繰り返す]アクションを活用して、各企業の株価を検索したり、メールの件名や本文に企業名が入力されるように設定していきます。

[画面に情報を入力]アクションに企業名を設定する

レッスン1でみんかぶの検索欄に「ディー・エヌ・エー」と入力するように設定していた箇所を企業名に変更します。

  1. ステップ
    8

    [画面に情報を入力]アクションを選択します。

  2. ステップ
    9

    [入力内容]の参照アイコン(①)をクリックし、ハイライト表示された[各要素について繰り返す]アクション(②)をクリックします。

    [入力内容]にが設定され、「ディー・エヌ・エー」という文字列から、ExcelのB列(企業名)の値を取得するように設定されます。

[任意の文字列を生成]アクションに企業名を設定する

レッスン2で配置した[任意の文字列を生成]アクションの文字列の中にある「DeNA」という箇所を企業名に変更します。

  1. ステップ
    10

    [任意の文字列を生成]アクションを選択します。

  2. ステップ
    11

    [文字列]の「DeNA」部分をマウスで範囲選択します(①)。選択後、サブメニュー(②)が表示されることを確認してください。

  3. ステップ
    12

    表示されたサブメニューの[参照]をクリックします。

  4. ステップ
    13

    ハイライト表示された[各要素について繰り返す]アクションをクリックします。

    [文字列]の「DeNA」の部分がに変更されて、ExcelのB列(企業名)の値を取得するように設定されます。

[gmailからメールを送信]アクションの件名に企業名を設定する

レッスン3で配置した[gmailからメールを送信]アクションのメールの件名に企業名を設定します。

  1. ステップ
    14

    [gmailからメールを送信]アクションを選択します。

  2. ステップ
    15

    [件名]の「【連絡】現在の株価」の後ろに「_name」と追加します。

    ワンポイント・レッスン character right レッスン2では株価を部分参照するために「xxx円」という文字列にしましたが、レッスン5では企業名も部分参照したいため、判別しやすい例として「name」にしています。どちらもどのような文字列でも問題ありません。
  3. ステップ
    16

    「name」部分をマウスで範囲選択します(①)。選択後、表示されたサブメニューの[参照](②)をクリックします。

  4. ステップ
    17

    ハイライト表示された[各要素について繰り返す]アクションをクリックします。

    [件名]の入力欄をクリックすると、「name」の部分がに変更されて、ExcelのB列(企業名)の値を取得するように設定されます。

シナリオを実行してメールを確認する

シナリオを実行して、各企業の株価情報が指定した宛先に送信されるかどうかを確認してみましょう。

  1. ステップ
    18

    [実行]をクリックします。

  2. ステップ
    19

    全てのアクションにが表示されたことを確認してください。

  3. ステップ
    20

    メールが届いていることを確認します。

学習のまとめ

icon-additional-lesson応用レッスン

ほかのクラウドサービスも使ってメッセージを送信してみましょう!