Zapを作成する(Zapierの[Action]にCoopelを設定する)

ここではZapierの[Action]にCoopelを設定する方法について説明します。

Zapierの[Action]にCoopelを設定する

Zapierの[Trigger]にCoopelを設定する」とは逆に、Zapierの[Trigger]で取得したデータを[Action]でCoopelのシナリオのアクションに連携させることができます。
ここでは、Zapierから特定のキーワード(ここでは「【新規】」)でGmailのデータを取得し、Coopelでスプレッドシートに書き込む場合を例に説明します。

Important
  • 以降の説明はGmailのアカウントがZapierの[My Apps]に登録済みである前提です。
  • Zapierで実際に使用するサービスによって、登録に必要な項目は異なります。表示される画面に従って必要な情報を登録してください。

①[Trigger]の設定

  1. Zapierのダッシュボードで[Creat Zap]をクリックします。

2.[App Event]で[Gmail](①)を選択し、[Trigger Event]で「New Email Matching Search」(②)を選択して[Continue](③)をクリックします。

  1. [Choose account]で[My Apps]にあらかじめ登録済のGmailのアカウント(①)を選択して[Continue](②)をクリックします。

4.[Set up trigger]で「【新規】」(①)と入力して[Continue](②)をクリックします。

  1. [Test trigger]をクリックして設定が正しく動作するかどうかを確認します。

  2. 「We found an email!」(①)と表示されたらテストは正常に完了しています。[Continue](②)をクリックしてください。
    手順8以降に再度Zapier側で設定するため、この画面は開いたままにしてください。

②[Action]の設定

次に、Coopelのシナリオと連携しスプレッドシートに入力する部分を設定します。

  1. Coopel側で以下のようにアクションを配置し、ZapierのGmailから値を受け取る[セルをペースト]アクションを設定します。

    ①[アプリケーション連携]プロパティ
    ZapierをオンにしてZapierからの値をこのアクションで受け取れるよう設定します。
    ②[対象シート]プロパティ
    参照機能で対象のシートを指定します。
    ③[入力値]プロパティ
    実行時にZapierからデータを受け取るため、ここでは未設定のままにします。[入力値]プロパティはCoopel上の入力必須プロパティですが、[アプリケーション連携]プロパティでZapierをオンにしている場合、未入力のままでもシナリオを実行できます。
    ④[ペースト対象のセル]プロパティ
    「A1」と入力します。
  2. 手順6で開いていたZapierの画面で①に「Coopel」と入力し、表示されたCoopelのアイコン(②)をクリックします。

9.[Action Event]で[Run Scenario](①)を選択して[Continue](②)をクリックします。

Important [Run Scenario]の実行環境はクラウド実行になります。ローカル実行はサポートしていません。
  1. [Choose Account]で[My Apps]にあらかじめ登録済のCoopelアカウント(①)を選択して[Continue](②)をクリックします。

  2. ①をクリックして表示される候補からCoopelのシナリオ(②)を選択します。

Important Coopelのシナリオ設定画面でZapier連携がオンになっているシナリオのみが候補として表示されます。詳しくは「Coopelのシナリオ設定画面の[アプリケーション連携]でZapierをオンにする」をご確認ください。
  1. 手順11で選択したCoopelのシナリオで[アプリケーション連携]プロパティのZapierをオンした[セルをペースト]アクションのプロパティが表示されます。
    Zpaierからデータを連携したいプロパティの入力ボックスをクリックすると、Zapierから連携可能なデータのリストが表示されます。
    [セルをペースト[入力値]](①)をクリックしてGmailの「Date」(②)と「Subject」(②)を選択します。
Important
  • 事前にZapier連携をオンにしているアクションのプロパティのみが表示されます。 Zapierに表示されるプロパティは、CoopelのText型Boolean型(はい/いいえの選択肢があるもの)、List型が含まれるプロパティです。
    たとえば[zipファイルを解凍]アクションでは[パスワード]プロパティと[エラーを無視]プロパティはZapierに表示されますが、[対象ファイル]プロパティと[文字コード]プロパティはText型/Boolean型/List型のいずれの型でもないため表示されません。
  • マルチタイプ型のプロパティはText型/Boolean型/List型のいずれかが含まれていればZapierに表示されますが、現時点ではこれらの型以外の結果はCoopelでは受け取れないため、ファイルなどを指定してもシナリオ実行時にエラーになります。
    たとえば[google driveに保存]アクションの[対象ファイルを選択]プロパティはZapierに表示されますが、Zapierのトリガーで取得したファイルをプロパティに指定してもシナリオ実行時にエラーになります。
  1. [Continue]をクリックします。

  2. [Test action]で設定項目に間違いないことを確認して[Test & Continue]をクリックします。

Information
  • テストが正常に完了すると、指定したセルに意図したデータが入力されます。
  • シナリオ実行管理画面では実行履歴を確認できます。Zapierをトリガーに実行したシナリオの左側にはicon zapierが表示されます。
  1. 「Test was seccessful!」と表示されたらテストは正常に完了しています。[Turn on Zap]をクリックしてください。
Important [Turn on Zap]をオンにすると、以後トリガーに指定した条件が発生する度にこのZapが動作します。
動作させたくない場合は[Turn on Zap]をクリックせずに[Close]をクリックしてください。
  1. [Zaps]に作成したシナリオが登録されます。

関連ヘルプ