3.繰り返し処理の設定

取得したデータセットに基づく、繰り返しの設定を行います。
2.エクセルのデータを読み込むの続きのシナリオを実装します。)

動画で作成方法を確認する場合は下記のリンクをクリックしてください。
動画でみる

『各要素について繰り返す』アクションをセットする

1.左側のメニューの基本操作>制御処理:カテゴリの『各要素について繰り返す』のアクションをクリックしてください。
2.”受け取るリスト”のパラメーターは参照機能を使って一つ上のアクションを指定してください。
3.『各要素について繰り返す』アクションは、受け取った表形式のデータの行を一行ずつ読み込みながら、繰り返しを実行します。

『リストから要素を取得』アクションをセットする

4.左側のメニューのutility>データ:カテゴリの『リストから要素を取得』のアクションをクリックしてください。
5.”入力データ”のパラメーターは参照機能を使って一つ上のアクションを指定してください。
6.”取得する行または列番号を指定”のパラメーターに「0」を入力してください。
 これにより、受け取った行データのうち、一つ目のデータである行番号を取得します。

『リストから要素を取得』アクションを複製する

7.フロー上の『リストから要素を取得』のアクションを選択し、Ctrl+cでコピーしてください。

シナリオを実行する

8.画面上段右寄りの実行ボタンをクリックしてください。
9.『リストから要素を取得(検索要否)』のアクションの結果に、入力データの5行目のデータが引き渡され、「要」の値が返っていれば成功です。