2.エクセルのデータを読み込む

株価を連続処理するために、必要なデータセットを読み込む部分を作成します。
1. ブラウザを操作するの続きのシナリオを実装します。)

動画で作成方法を確認する場合は下記のリンクをクリックしてください。
動画でみる

『ファイルを開く』アクションをセットする

1.左側のメニューのexcel>操作対象の選択:カテゴリの『ファイルを開く』のアクションをクリックしてください。
2.事前にデスクトップに対象エクセルを配置したうえで、
 【windows端末をご利用の場合】shift キーを押しながら対象のファイルを右クリックし、「パスのコピー(A)」を選択
 【mac端末をご利用の場合】対象のファイルを右クリックし、optionキーを押すと表示される「"ファイル名"のパス名をコピー」を選択
3.シナリオ作成画面に戻って、コピーしたファイルのパスを”対象ファイル”のパラメーターにペーストすることでセットします。

『シートをシート名で指定』アクションをセットする

4.左側のメニューのexcel>操作対象の選択:カテゴリの『シートをシート名で指定』のアクションをクリックしてください。
5.”対象ファイル”のパラメーターは、参照機能を使って一つ上のアクションを指定してください。
6.”シート名”のパラメーターに「sheet1」と記入してください。

『セルの値のみコピー』アクションをセットする

7.左側のメニューのexcel>値の取:得カテゴリの『セルの値のみコピー』のアクションをクリックしてください。
8.”対象シート”のパラメーターは、参照機能を使って一つ上のアクションを指定してください。
9.”コピー対象のセル”のパラメーターに「a2:d5」と記入してください。

シナリオを実行する

10.画面上段右寄りの実行ボタンをクリックしてください。
11.『セルの値のみをコピー』のアクションの結果に、対象データが表示されていれば成功です。