セルをペースト

アクションの場所:spreadsheet > 値の設定 > セルをペースト

指定したセルにペーストします。値を直接書き込むことも可能です。

設定方法(簡単)

SSセルをペースト_スクリーンキャプチャ
①「spreadsheet/値の設定」カテゴリにある「セルをペースト」アクションをクリックします。
② 対象シート 参照設定:シートタイプのアクション結果を参照し、設定します。

Tips シナリオ内のこのアクションより前の部分でspreadsheetの特定のシートを開いている必要があります。

③ 入力値:入力する値を参照機能を使って指定します。
値を直接書き込む場合は以下の方法で入力値を記載します。
複数指定する場合は各要素を,で区切り行単位で改行してください。
文字要素の場合は" "で囲ってください。

"クーペル"
または
"田中さん","男性","21"
"斎藤さん","女性","33"

⑤ ペースト対象のセル:ペーストしたいセルを指定します。

設定方法(便利)

④ 入力値 参照設定:リストタイプのアクション結果を参照し、入力値に設定します。
⑥ ペースト対象のセル 参照設定:テキストタイプのアクション結果を参照し、ペースト対象のセルに設定します。
⑦ 列または行の最後に書き込む:列または行の最後尾を自動で検知し、最後尾に書き込みをします。
対象の列名または行数は、ペースト対象のセルに入力されている値が使われます。入力値がA3のように列と行の両方が指定されている場合、列を選択するとA列の最後に、行を選択すると3行目の最後に書き込みがされます。
(それぞれ3とAが無視された動作になります)

エラーを無視

関連アクション

対象シートに設定できるスプレッドシートの1シートタイプの戻り値をもつアクションは下記になります。

関連ヘルプ