表データの結合

アクションの場所:excel > その他 > 表データの結合

2つの表形式のデータを1番左端のカラムをキーとして合体させ、指定したシートに出力します。

Tips キーとなる1番左端のカラムの値は一意である必要があります。

設定方法(簡単)

excel表データの結合_スクリーンキャプチャ

①「excel/その他」カテゴリにある「表データの結合」アクションをクリックします。
②③ 対象シート1:参照機能で、1つ目の結合対象の表があるシートを指定します。

Tips シナリオ内のこのアクションより前の部分で、excelファイルのシートを開いている必要があります。

④ 結合対象範囲の1つ目を指定:表データの結合を行う範囲の1つ目を指定します。
⑥⑦ 対象シート2:参照機能で、2つ目の結合対象の表があるシートを指定します。

Tips シナリオ内のこのアクションより前の部分で、excelファイルのシートを開いている必要があります。

⑧ 結合対象範囲の2つ目を指定:表データの結合を行う範囲の2つ目を指定します。
⑩⑪ 出力先シート:参照機能で結果を出力するシートを指定します。

Tips シナリオ内のこのアクションより前の部分で、excelファイルのシートを開いている必要があります。

⑫ 出力先のセルを指定:出力先シートに書き出す時の基準位置を指定します。

Tips 指定したセルを一番左上に、結合データが書き出されます。

設定方法(便利)

⑤ 結合対象範囲の1つ目を指定 参照設定:テキストタイプのアクション結果を参照し、結合対象範囲の1つ目を指定に設定します。
⑨ 結合対象範囲の2つ目を指定 参照設定:テキストタイプのアクション結果を参照し、結合対象範囲の2つ目を指定に設定します。
⑬ 出力先のセルを指定 参照設定:テキストタイプのアクション結果を参照し、出力先のセルを指定に設定します。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。
エラーを無視

関連アクション

対象シートに設定できるワークシートタイプの戻り値をもつアクションは下記になります。

関連ヘルプ