slackに通知

アクションの場所:クラウドサービス > slack > slackに通知

slackに通知します。slackにアクセスする為のアカウントは事前にシナリオアカウント設定から設定が必要です。

設定方法(簡単)

slack_notification_20200515

①「クラウドサービス/slack」カテゴリにある「slackに通知」アクションをクリックします。
② アカウント:シナリオアカウント設定に登録されているslackアカウントを選択します。* 2020年7月13日以前に登録したslackアカウントは現在お使いになれません。

Tips slackアカウントは「ワークスペース」⑭を取得し、使います。

slackアカウント

③ チャンネル:送信先のチャンネルまたはDM先を指定します。チャンネルIDでの指定が可能です。
⑤ 通知内容:通知したい内容を指定します。マークダウン形式で記載することもできます。
マークダウンを無効にしたい場合は、「マークダウン形式を有効にする」を「いいえ」に変更してください。

設定方法(便利)

④⑥ 通知内容 参照設定(任意):テキストタイプのアクション結果を参照し、設定します。

オプション設定

以下の設定項目は任意です。

⑦ 添付ファイル:添付したいファイルを指定します。
⑧ 添付ファイル 参照設定:ファイル(⑨)、画像(⑩)といった他のアクションの出力を添付ファイルに指定することができます。ファイルタイプ、画像タイプを指定するには上記の切り替えを行う必要があります。
ファイルタイプのアクション結果を参照
⑩ 画像タイプのアクション結果を参照
⑪ マークダウン形式を有効にする:マークダウン形式の有効/無効を選択します。
⑫ 送信者をbotにする:メッセージの送信者をbotにするかを選択します。
メッセージの送信者をbotにする場合は、事前に宛先のチャネルにcoopel appを追加する必要があります。デフォルトではslack用シナリオアカウントのアカウントで送信されます。

Tips slackにCoopelアプリを追加する方法は、以下のとおりです。
※②でアカウントを登録してからアプリを追加してください。
※slackのヘルプセンターも合わせて参照してください。

1. slackでCoopelアプリを登録したいチャンネルの詳細[i]をクリックします。
2. 詳細画面にある[その他]をクリックし、表示されるメニューから[アプリを追加する]を選択します。
3. 検索ボックスに「Coopel」と入力してアプリを検索します。
4. Coopelアプリ「Coopel2G」 の横にある[追加]をクリックします。

エラーを無視

関連アクション

シナリオ